子供 視力回復トレーニング

子どもの視力悪化は、なんとか回復してあげたいですよね。

 

学校の視力検査で、子供の視力が落ちているという結果をもらってくると
親としては、早めに視力を回復させてあげないといけませんよね。

 

また、すでに以下のような視力回復に取り組んでいて

  • 眼科医療機器・近視矯正器具・ワックをやってみた
  • ミドリンやミオピンなどの目薬の点眼
  • 目に良いと言われているサプリメント
  • 超音波治療器等の視力回復装置の使用
  • ピンホールメガネを使用した視力回復トレーニング
  • マジカルアイ(3D絵本)での視力回復法

などやってみたが、なかなか回復せず、困っている方へ。

 

高額なお金をかけることなく、
6年間で987名の子供の視力を0.8以上に
回復させた方法をご紹介します。

 

視力が0.8以上まで回復すれば、メガネやコンタクトが必要なくなります。

 

「お茶の水ハカセ」や「エチカの鏡」などTVをはじめ、色々なメディアで紹介され、

 

効果の高さからプロ野球選手やプロボクサー などの
スポーツ選手のトレーニングに取り入れられている実績があります。

 

 

とりあえず、詳細を見てみる

 

子供の視力アップ-アイ・トレーニングの内容

 

 

まず、ヒモに通した距離の違うビーズを指定された順番で、5秒間ずつ見ていきます。

 

 

これにより、両目の動きの具合が自己診断でき、弱い部分を鍛えていくことで視力回復していきます。

 

主なトレーニングは、この他に4種類あり、いづれも子供が楽しく興味を持って集中してトレーニングをすることで、
子どもの視力がぐんぐん良くなり、効果が現れることで、さらにトレーニングを続ける、という好循環で進めることができます。

 

このような方法なので、何らリスクが無く、眼科などに通う必要が無く、自宅で行うことができるのです

 

また、「やってみたけど回復しなかった」という場合には、返金保証が付いているので積極的にチャレンジさせることができます。

 

この視力回復トレーニングでは、視力回復だけでなく、せっかく回復した視力を維持するための方法も用意されています。

 

詳細はこちら

 

視力回復インストラクター田中謹也による解説

 


ーー>動画は、こちら

早めの回復が重要!


一般的に、子どもの視力は仮性近視と呼ばれる0.7以上の視力なら、元に戻る可能性が高いと言われています。しかし、それ以上の症状である真性近視(視力0.7未満)になってしまえば、視力の回復は難しくなっていきます。

 

この視力回復トレーニングでは、視力0.3から1.2まで、たった2ヶ月でアップさせた実績があります。
しかし、子供の視力は、いったん落ち始めると、1ヶ月あまりで、0.3ぐらいまで一気に落ちてしまうこともあります。
視力は低下すればするほど回復しずらくなってしまいます。

 

だから、できるだけ、早めに回復させてあげることが何より重要なのです!

 

 

また、このトレーニング方法は、レーシックを受けて、しばらくして、視力が下がってきた場合にも効果があります。

 

 

詳細はこちら